フリーエンジニアという働き方|自分に合った仕事探しを

遠隔地からの赴任もあり

タクシー

二種免許取得の補助なども

業界全体で人手不足のため、求人に力を入れているのがタクシーの仕事です。そのため求人によっては、様々な特典や労働者に対する支援や補助制度を用意しているタクシー会社が多数あります。タクシーの仕事は地域によって収入の差異も大きいため、より高収入を目指して遠隔地から赴任する人が多くいるのも求人の傾向の1つです。そのようなやる気のあるドライバーを発掘するためにも、会社側から入社祝金を出してくれる所、遠隔地からの赴任の際に交通費を負担してくれる所も存在します。タクシーの仕事を行う際には、旅客事業のため第二種運転免許が必要です。その免許取得のための補助制度を設けている所が多いのも、特色の1つです。入社後に免許取得を目指しながら、給料をもらえるシステムを採用しているタクシー会社の求人も多く出ています。

特徴的な3つの勤務体系

タクシーは朝も夜もいつでも街中を走っています。この仕組みを維持できているのが、他の業界にはない特徴的な勤務形態です。タクシーの勤務形態には3つの種類があり、求人内容もこの3つのどれかの働き方に該当します。一番多い勤務形態が隔日勤務で、業界では隔勤と略して呼ばれます。タクシー求人のほとんどはこの隔日勤務での働き方です。隔日勤務のもっとも一般的な働き方は、1日の内18時間を乗務時間にあて、その内3時間を休憩とするものです。乗務日の次の日は休日となり、また次の日に乗務を行うこと繰り返す勤務形態です。これ以外に、昼日勤と夜日勤という勤務形態も存在します。昼日勤は朝から夕方まで毎日乗務を行い、夜日勤は逆に夕方から深夜まで乗務する特徴があります。体調を最も管理しやすい勤務形態を選ぶことが重要でしょう。